個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SELVES

投稿日:2018年12月16日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本のロックシーンに歴史的1ページを刻み込みました。活動再開後も、こうした形で『LUNA SEA』の活躍を見られるのは嬉しいですね。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『SELVES』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

blue

『SELVES』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名SELVES
演奏時間8:00
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

『SELVES』収録アルバム

アルバム名トラック#
STYLE11

メジャー4thオリジナルアルバム『STYLE』の11曲目に収録。

本作『SELVES』がアルバム『STYLE』の最終トラックになります。

※『SELVES』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『SELVES』、なんというか、非常に独特な1曲です。

この楽曲にはINORANの印象的なアルペジオもありませんし、SUGIZOのかっこいいギターソロもありません。自然と身体を揺らしてしまうようなJと真矢のグルービーなリズムもありませんし、もちろん、RYUICHIの痺れるシャウトもありません。

一定のパターンを繰り返すリズム隊と効果音のように演奏されるツインギター、それが粛々と、8分間にわたって繰り広げられる…というのが本作『SELVES』です。

…上述の文言だけ見れば退屈な楽曲のようにも思えてしまいますよね。

事実、初めて聴いたときはなかなかに退屈な1曲だなという感想を持ちました 笑。

ただ、何度も聴いているうちにまた違った感想を抱き始めたのも事実です。

今でも積極的に聴きたくなる楽曲というわけではないのですが、アルバム『STYLE』を通して聴き、最後にやってくる本作『SELVES』に対して妙な納得感を覚えている…そんな感じです。

普段の”おれがおれが!”と個人が主張し合う『LUNA SEA』の姿はありませんが、こんな実験的な楽曲を何度も聴かせられるだけの説得力を持たせられるのは、『LUNA SEA』だけなんだろうなという気がしています。

そういう意味で、消去法的な考えながらも本作『SELVES』は『LUNA SEA』らしい楽曲であることに間違いないと思うのです。

本作『SELVES』、濃密なアルバム『STYLE』をより取っつきにくくしている張本人である一方、アルバム『STYLE』の完成度を高めている張本人でもあるような、そんな独特で個性的な1曲です。

『SELVES』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/8cmのピンヒール

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/ポケビのうた

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/顔も覚えてない

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/うた

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】hide/LASSIE (demo master version)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。