個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Newborn Baby

投稿日:2019年2月14日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観にいろどりを添えるバンド隊の組み合わせはまさに唯一無二の存在。90年代後半から00年代前半にかけて数々の奇作を世に送り出し、潜在的中二病患者の爆発的発病に多大な貢献をしました。

 

今回は、『PIERROT』の楽曲、『Newborn Baby』のレビューです。

 

fetus

全体概要

基本情報

アーティスト PIERROT
曲名 Newborn Baby
演奏時間 3:29
作詞 キリト
作曲 キリト
編曲 Pierrot & 成田忍

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
FINALE 13

メジャー1stアルバム『FINALE』の13曲目に収録。

本作『Newborn Baby』がアルバム『FINALE』の最終トラックになります。

 

レビュー

アルバム『FINALE』の12曲目『CHILD』で一連の物語が静かなエンディングを迎えたかと思いきや、その流れをぶち壊し、物語の新たな展開を予感させる楽曲が13曲目に登場します。

それが本作『Newborn Baby』。

 

『Newborn Baby』という曲名、直訳すれば”新生児”です。

“新生児”という言葉って、単なる”赤ちゃん”という言葉とは違って、どこかグロテスクなイメージを含んだ響きを持っているように思います。血まみれで泣き叫んでいる、産まれた直後のあの様子を想起するからでしょうかね。

本作『Newborn Baby』、そんな”新生児”という言葉の持つグロテスクな側面を強調したかのような楽曲に仕上がっています。気味の悪いリズムに乗せて気味の悪いギターリフが演奏される様子は、インディーズ時代の名作『脳内モルヒネ』をよりヘビーにしたかのような雰囲気です。

【個別楽曲レビュー】PIERROT/脳内モルヒネ

それから、アウトロの後に入っている“ウボッ…ブシャー”という呻き声(?)なんかは、人間というより、むしろエイリアン的な怪物という感じがします。このサウンドエフェクトは、『PIERROT』の楽曲史上でも一位、二位を争うほどのグロテスクさです(私の中で)。初めて聴いたときは、背筋が凍り付いたのをよく覚えています。

 

ちょっと楽曲そのものからは外れてしまうのですが、“たった今産まれた新生児が真のラスボスだぜ!”的な『Newborn Baby』のノリに、”パラサイト・イヴ”というゲームを思い出しました。

ホラーRPGっていうんでしょうかね。このゲームのラスボスはゲームタイトルになっている”イヴ”の産み出した新生児なのですが、この”新生児”のグラフィックが超絶グロいのです。。。

もし興味があれば、動画サイトで新生児誕生シーンのプレイ動画などを見てみてください。本作『Newborn Baby』の世界観とけっこうマッチしているなと感じてもらえるはずです。

 

『Newborn Baby』が収録されているアルバム『FINALE』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】PIERROT/FINALE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/dreaming of love

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Face the change

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ZONE/大爆発 NO.1

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/the Fourth Avenue Cafe

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/I CAN BE SHIT, MAMA

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。