個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Longing 〜跡切れたmelody〜

投稿日:2018年1月17日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成は衝撃的な出来事でしたが、それから10年以上経つものの、オリジナルアルバムが1枚もリリースされないのがもどかしくもあり、『X JAPAN』らしくもある、そんな気持ちです 笑。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『Longing 〜跡切れたmelody〜』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

abstract

『Longing 〜跡切れたmelody〜』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名Longing 〜跡切れたmelody〜
演奏時間7:41
作詞YOSHIKI
作曲YOSHIKI
編曲X JAPAN

メジャーデビュー後の9thシングル。

『X JAPAN』のシングルでサブタイトルが付くのは珍しいパターンです。

『Longing 〜跡切れたmelody〜』収録アルバム

アルバム名トラック#
DAHLIA3
BALLAD COLLECTION2
Singles 〜Atlantic Years〜4
X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜 (Disc-2)4

メジャー3rdオリジナルアルバム『DAHLIA』の3曲目に収録。

※『Longing 〜跡切れたmelody〜』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『X JAPAN』の定番バラードの1曲、『Longing 〜跡切れたmelody〜』。

楽曲は『X JAPAN』の王道バラード通り、ピアノとストリングス中心の構成。ただ、その知名度は『ENDLESS RAIN』や『Forever Love』の影に隠れがち、という印象ではあります。

本作『Longing 〜跡切れたmelody〜』、YOSHIKIにしては珍しい言葉遣いをしているのが特徴的です。

それが、1番Aメロに出てて来る「想い出になるよ」というフレーズ!

「なるよ」っていう語尾を使うの!?YOSHIKIが!?ってなりません?

…なりませんか。私はなりました 笑。

本作『Longing 〜跡切れたmelody〜』、私のヘビーローテーションリストには入っておらず、『X JAPAN』のアルバムを聴く際も割と飛ばしがちなポジションではあります。

ただ、何かのきっかけで久々に聴いてみると、”いい曲だなー”って思えるんですよね。特に歌のメロディーが美しく、聴く度に”こんなにいいメロディーだったっけ”と思わせてくれます。

ファン投票で収録曲が決まった『X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜』に収録されているのは、さすがお目が高いファン大勢がいたということなのでしょう。

Amazonで試聴できます。

『Longing 〜跡切れたmelody〜』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/巡り来る春に

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/サレンダー

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Foxy Blue Love

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Miki Piano

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/気になるあの娘

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。