個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ZONE/GOOD DAYS

投稿日:2018年9月8日 更新日:

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。

途中で本当に楽器を演奏し始めたため、いわゆる”ガールズバンド”になっていったわけですが、デビュー当時の”楽器を演奏するフリをして踊る”というバンドルスタイルは後年『ゴールデンボンバー』が開拓したエアーバンドの元祖だったのでは…と、今になって思います。

今回は、『ZONE』の楽曲、『GOOD DAYS』のレビューです。

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

mimamorujyosi

『GOOD DAYS』の全体概要

基本情報

アーティストZONE
曲名GOOD DAYS
演奏時間3:32
作詞たくや
作曲原一博
編曲CHOKKAKU

1stシングル。

作詞を担当している”たくや”とは、元『Hysteric Blue』のドラマー。このバンドの代表曲である『春〜spring〜』や『なぜ…』等もたくやの作品です。

『GOOD DAYS』収録アルバム

アルバム名トラック#
Z2
E 〜Complete A side Singles〜 (Disc 1)1

1stオリジナルアルバム『Z』の2曲目に収録。

※『GOOD DAYS』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“バンドル”というコンセプトのもとデビューした『ZONE』の1stシングルが本作『GOOD DAYS』。

“バンド”でも”アイドル”でもないとのことですが、『GOOD DAYS』という楽曲はバンドサウンド強めなアイドルソングという感じ。

ポジティブさ100%でちょっとバカっぽい歌詞がアイドル的な要素ですかね。でも、それが素敵。この裏表のないバカっぽさが本作の魅力でしょう。

それから、韻を踏んだサビの歌詞もいいですね。口ずさみたくなるようなポップさがあります。シンプルなギターリフも相まって、すごく聴きやすい。

本作『GOOD DAYS』をはじめとしたこのバンドル路線、個人的にはけっこう好きでした。しかしながら、3rdシングル『secret base 〜君がくれたもの〜』のヒットの影響か、『ZONE』はどんどん真面目なバンドへと変貌していきます。

まぁ、活動を続けていく中で音楽性がどんどん変化していくのは普通にありふれたことですよね。商業主義という戦場の中でバンドル路線は生き残れないと判断され、淘汰されてしまったのでしょう。

とりあえず、本作『GOOD DAYS』はベストアルバム『E 〜Complete A side Singles〜』には収録されていますので、”『ZONE』の黒歴史”という扱いにはなっていないようです。

『secret base 〜君がくれたもの〜』のような真面目な『ZONE』も、バンドル路線のちょっとバカっぽい『ZONE』も、両方ひっくるめて聴くにはもってこいのベストアルバムです!

『GOOD DAYS』収録アルバムレビューリンク

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/CRUCIFY MY LOVE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/TVのシンガー

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/スパイラル

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/プライマル。

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Trouble On Monday

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。