個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/ガラス玉

投稿日:2019年3月20日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『ガラス玉』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

bubbles

『ガラス玉』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名ガラス玉
演奏時間5:06
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel

『ガラス玉』収録アルバム

アルバム名トラック#
heavenly4
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 3 ken best)2

オリジナルアルバム『heavenly』の4曲目に収録。

『QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜』にはken作曲の代表曲として収録されています。

※『ガラス玉』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

30秒ほど波音が流れた後、静かなアルペジオとともに歌が始まる楽曲、『ガラス玉』。

アルペジオのみをバックにhydeが歌い、海の上を漂うように穏やかなAメロが1回繰り返されます。

この後、穏やかな雰囲気を壊さないよう、かすかなパーカッションとメロディアスな高音のベースが入ってきて少しずつ楽曲に色どりを添え、2回目のAメロが始まると、海底に反響してこだましているかのようなエコーの効いたギターが右から左から聴こえ出します。

そして、2回目のAメロが終わるとともに楽器隊は演奏を一瞬とめて、大爆発のサビへ…。

はい、かっこいい!!

文句なしの美しき大爆発。hydeのハイトーンボイスも、それに負けず盛り上がるバンドサウンドも、全部美しくてかっこいい

この流れのまま、怒涛のギターソロへと雪崩れ込む展開も神。サビのテンションを維持するどころか、さらなる高みへと上り詰めていくこのギターソロは圧巻ですね。最高すぎる…!

この手の楽曲があるからラルクはヘビロテリストから抜けないんですよね。この雰囲気をここまでかっこよく、そして美しく仕上げるられるのは彼らだけだと思います。

そう、美しいと言えば、『ガラス玉』というタイトルも忘れてはいけません。

歌詞を見ればわかりますが、水中に沈みゆく人間の口からこぼれる“水泡”の比喩として『ガラス玉』という言葉を使っているようです。

アンダーグラウンドな香りを漂わせつつも美しさを兼ね備えた、絶妙な表現だと思います。

本作『ガラス玉』、いわゆるアルバム曲の一つではありますが、ラルクの数多あるヒットシングル作品に負けないほどのかっこよさを誇っている楽曲です!

この曲が収録されたアルバム『heavenly』は、本作『ガラス玉』目当てで手に取っても悪くないんじゃないかと思うくらいです。

Amazonで試聴できます。

『ガラス玉』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/I’ll get over you

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/夕日哀愁風車

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/自■の理由

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FOREVER & EVER

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/二人のロケット

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。