個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Stand by

投稿日:2017年6月26日 更新日:

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!!

UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二!

解散したわけではないですが、最近は目立った活動がないのが残念です。。。

 

今回は、『the brilliant green』の1stアルバム『the brilliant green』の5曲目、『Stand by』の個別楽曲レビューです。

 

girl

全体概要

基本情報

アーティスト the brilliant green
曲名 Stand by
演奏時間 4:07
作詞 川瀬智子
作曲 奥田俊作
編曲 the brilliant green

『the brilliant green』の15thシングルに『Stand by me』という似た名前の曲がありますが、この曲とは全くの別物です。

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Stand by me

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
the brilliant green 5

1stアルバム『the brilliant green』の5曲目に収録されています。

 

レビュー

UKロック風サウンドが特徴的なバンド『the brilliant green』ですが、本作『Stand by』は『The La’s』の『There She Goes』という曲に影響を受けている気がします。

The La’s/There She Goes MV中、ちょいちょい出てくる美女が気になる。。。

 

『The La’s』は80年代後半から活動しているイギリスのロックバンドで、その代表曲が『There She Goes』です。

 

『Sixpence None the Richer』というアメリカのロックバンドもカバーしています。かわいくておしゃれな仕上がりで、とっても好きな1曲です。

Sixpence None the Richer/There She Goes

 

『the brilliant green』の『Stand by』に話を戻します。ギターのフレーズとドラムパターンに『There She Goes』からの影響を感じました。『Stand by』の歌詞に「she」って言葉がちょこちょこ出てくるのもその名残なのかな。ちょっとこじつけっぽいですかね 笑。

ということで、本作『Stand by』はThe La’s風UKロックな『the brilliant green』だと思って個人的には楽しんでいます。

公式MVはyoutubeに上がっていませんが、Amazonで視聴できます。

 

『Stand by』が収録されているアルバム『the brilliant green』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】the brilliant green/the brilliant green

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HANG ONTO YOURSELF

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/夕日哀愁風車

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/(恋は)百年戦争

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年が経とうとして …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/END OF SORROW

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】hide/限界破裂

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。