アルバムレビュー

【アルバムレビュー】X JAPAN/Vanishing Vision

投稿日:2019年1月7日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の新たな飛躍を天国のHIDEも喜んで見守ってくれていると信じています。

 

今回は、『X JAPAN』のインディーズアルバム、『Vanishing Vision』のレビューです。

 

glass

全体概要

基本情報

アーティスト X JAPAN
アルバム名 Vanishing Vision
発売日 1988/4/14

『X JAPAN』が残した唯一のインディーズアルバム。正確には、『Vanishing Vision』リリース当時はまだバンド名が『X』でした。

なんと”昭和”の作品です。

 

収録曲

収録曲の一覧です。

# 曲名 演奏時間
1 DEAR LOSER 2:27
2 VANISHING LOVE 6:01
3 PHANTOM OF GUILT 5:18
4 SADISTIC DESIRE 6:09
5 GIVE ME THE PLEASURE 2:57
6 I’LL K■LL YOU 3:29
7 ALIVE 8:24
8 KURENAI 5:46
9 UN-FINISHED… 1:32

演奏時間は42:03。京浜東北線で、東京・桜木町間くらいの時間です。

#6は過激な曲名になっているので、Google先生に怒られないよう、一応伏字にしています。本来の曲名は…ググれば普通に出ます(私がビビり過ぎているだけ 笑)。

#4 『SADISTIC DESIRE』、#8 『KURENAI』、#9 『UN-FINISHED…』はメジャーデビュー後にリメイクされたり完成形が作られたりしました。#8は超有名な楽曲『紅』の英語詞バージョンで、こちら方が元々の楽曲ということになります。

 

レビュー

テンションメーター

アルバムを通して聞いた時のテンションはこんな感じでした。5段階評価で各曲のテンションを可視化してみます。

# 曲名 テンションメーター
1 DEAR LOSER           4
2 VANISHING LOVE           5
3 PHANTOM OF GUILT           3
4 SADISTIC DESIRE           5
5 GIVE ME THE PLEASURE           3
6 I’LL K■LL YOU           5
7 ALIVE           4
8 KURENAI           5
9 UN-FINISHED…           4

#4 『SADISTIC DESIRE』はメジャーデビュー後にシングル『Silent Jealousy』のカップリングとしてリメイクされましたが、本作『Vanishing Vision』収録版の方が攻撃的なサウンドでかっこいいです。

 

総評

今では日本音楽界の重鎮として君臨する『X JAPAN』のリーダーYOSHIKI。

物静かな態度と上品な振る舞いのイメージがすっかり板についたYOSHIKIですが、インディーズ時代のXのアルバムである本作『Vanishing Vision』ではウニにように逆立てた髪をトレードマークに血の気の多い攻撃的な楽曲をいくつも作り出しています。

その攻撃性は本作『Vanishing Vision』収録曲の曲名を見てみても一目瞭然といったところでしょう。#6なんて、上品の欠片も無いタイトルがついています 笑。

 

ただ、そのなりふり構わない攻撃的な楽曲こそがXというバンドの魅力の一つであることに違いありません。私も『紅』や『Silent Jealousy』のかっこよさに虜になって『X JAPAN』に興味を持ったものの一人です。

そんなXの攻撃性がギュッと凝縮されているのが本アルバム『Vanishing Vision』です。

再結成後もテレビでよく演奏される『紅』等に惹かれて『X JAPAN』に興味を持った方なら本作『Vanishing Vision』もきっと楽しめるでしょう。インディーズならではの、尖りに尖ったサウンドがかっこいいです!

VANISHING VISION 2000年 (型番XXC-1001) (Amazonリンク)

(『Vanishing Vision』のAmazonリンクです。『Vanishing Vision』の過激なジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。)

 

『Vanishing Vision』に収録されている各個別楽曲のレビューはこちらからどうぞ!

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/DEAR LOSER

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/VANISHING LOVE

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/PHANTOM OF GUILT

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/SADISTIC DESIRE

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/GIVE ME THE PLEASURE

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/I’LL K■LL YOU

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ALIVE

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/紅

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/UNFINISHED

 

『X JAPAN』のアルバムレビュー、他にもやってます!

【アルバムレビュー】X JAPAN/X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜

【アルバムレビュー】X JAPAN/BLUE BLOOD

【アルバムレビュー】X JAPAN/Jealousy

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/PUNCH DRUNKARD

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【アルバムレビュー】X JAPAN/DAHLIA

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【アルバムレビュー】LUNA SEA/EDEN

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【アルバムレビュー】LUNA SEA/MOTHER

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【アルバムレビュー】相対性理論/ハイファイ新書

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。   メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。